このページの先頭です新潟県ホーム
メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム サイトマップ お問い合わせ
健康ビジネス連峰政策 「健康・福祉・医療」のニーズに対応する新潟県産業のイノベーション

「ヤマゴンブログ10-16」糸魚川の「食」を満喫!

2011年2月8日火曜日 by 管理者

少し寒さが緩んだと思ったら、もう2月。年が明けてあっという間に1か月が過ぎ、インフルエンザも流行しています。今シーズンのインフルエンザは、昨シーズン(平成21年10月~)と同じ“新型”ウイルスと、以前からあったA香港型ウイルスが両方みられ、“新型”が7~8割という状況です。これからが本番ですので、ご注意ください。

そうした中ではありますが、「にいがた減塩ルネサンス」料理コンクール、今年もやっています。今年度は、「塩を減らそうプロジェクト」とのコラボレーションという形で、県内で活動なさっている子育て応援団「トキっ子くらぶ」に協力をお願いしています。若い方々からも気軽に応募していただけるように、WEBからも応募できるようにしました。皆様の御応募をお待ちしております! 詳しくは「トキっ子くらぶ」のホームページを御覧ください。

http://www.tokicco.net/wp_tokicco/contest/healthymenu.html

さて、ヤマゴンはこのたび、所属する健康対策課の有志とともに、平成15~16年度に勤務した糸魚川を訪れました。この時期の糸魚川と言えば、何と言ってもあんこうです。1月22日・23日には「あんこう祭り」が開かれ、その後も市内で所を変えながら関連する催しが開かれています。

お目当てのあんこうは夜にいただくこととして、朝新潟を出て昼前に糸魚川に着き、まず、お昼に蕎麦屋さんへ寄りました。この蕎麦屋さんは、当健康対策課の職員の御家族が開いているお店で、とても美味しい手打ちそばがいただけます。ヤマゴンはアツアツの鴨汁に冷たいそばを浸して食べる「鴨せいろ」をいただきました。うん!絶品!!

16-1次に、今話題の「ブラック焼きそば」も食べてみました(写真はパンフレットより)。思ったよりサラリといただける逸品です。色が黒いのはイカの墨と、黒ごまが絡めてあり、以前にイカの墨のスパゲティを食べたことを思い出し、この焼きそばもそれに似ているのでは、と思っていたのですが、驚くほどあっさりという感じで、鴨せいろでお腹いっぱいの後でもペロリといただけました。

16-2夕食までの間、時間があったので温泉に入りました。市街地から山に向かい、さすがに雪が深いのですが、道路は全く問題ありません。車で30分ほど走り、たどり着いたのは焼山温泉です。以前からこの温泉が気に入っていて、糸魚川勤務の時代も、近くにある笹倉温泉よりもこちらの方によく行きました。源泉が流れてくる比較的ぬるめの湯舟、普通の浴槽、そして檜造りの露天風呂と、日帰り入浴で帰ってしまうのは勿体ないところです。次回は泊まりで来よう、と皆で話をしているところです。

16-3このほかにも、県内最古の酒蔵の見学、名物のお菓子、新鮮な卵が売りのケーキ屋さんなど、紹介しきれないほどたくさんのスポットを訪ね、ここまではセミファイナル、そしてメインイベントの「あんこう」です。

地元でも有数のあんこう鍋をいただけるお店を、糸魚川地域振興局の方に紹介していただき、楽しく、美味しく、あんこうの身をすすり、最後にご飯を鍋に入れて雑炊にして、有志全員、お腹いっぱいいただきました。

16-4これだけ食べると、次はこの蓄えたエネルギーをどう消費するか、これが問題なのですが・・・、ともあれ、こうして日帰りの旅を満喫したところです。健康福祉部長さん、そして糸魚川の皆さん、本当にお世話になりました。ごちそうさまでした!

追伸:糸魚川には、あんこうをいただけるお店も、蕎麦屋さんも、お菓子屋さんも、そしてブラック焼きそばのお店もたくさんあります。本当は、今回うかがったお店の名前を紹介したかったところですが、それぞれ一つだけ紹介したのでは偏ってしまうかもしれません。糸魚川の「食」に興味をお持ちになった方、ぜひ、現地を訪れてみてください。期待は裏切りませんよ!

お問い合わせ このサイトの使い方 個人情報の取り扱いについて 著作権・リンク等について
Copyright(C) Niigata Prefectural Government. All Rights Reserved.