このページの先頭です新潟県ホーム
メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム サイトマップ お問い合わせ
健康ビジネス連峰政策 「健康・福祉・医療」のニーズに対応する新潟県産業のイノベーション

健康ビジネス連峰政策について

健康ビジネス連峰政策とは

 新潟県では、健康・福祉・医療関連は、少子高齢化の時代においても市場の伸びが期待できる分野であることから、この分野で付加価値の高いビジネスが本県から多数輩出されるよう、平成18年2月より「健康ビジネス連峰政策」を推進しています。

 平成18年度からの2年間は、モデルとなる推奨事例を20件以上輩出することを目指して先導的プロジェクトへの支援を展開し、平成20年度に先導的事例『健康ビジネス連峰 三つ星ビジネスモデル』を27件選定しました。
※「三つ星ビジネスモデル」の詳細はこちらをご覧ください。

 平成20年度からは、これまで実施してきた支援を継続しながら、以下に掲げる新たな戦略のもとに健康関連ビジネスの市場化・拡大に向けて取り組んでいます。

◇売れる仕掛けづくり支援(H20~H24)
 既に市場化された健康関連商品(機器・食・サービス等)の一層の販売拡大を目指すプロジェクトを支援。
 売れる仕掛けづくり支援の一環として、県内事業者が健康ビジネスをより付加価値の高いものに磨き上げる際に模範となる、市場訴求力が高い取組事例として、平成23年に「新潟発!健康ビジネス∞ベストプラクティス」を15件選定しました。
※「新潟発!健康ビジネス∞ベストプラクティス」の詳細はこちらをご覧ください。

◇健康ビジネスサミットうおぬま会議の開催(H20~)
 今後、成長が見込まれる健康・医療・福祉関連分野で付加価値の高いビジネスが創出されるよう、企業・大学・行政等の関係者が課題の議論や交流を通じ、繋がりを広げることを目的に、毎年、魚沼地域等で2日間にわたるビジネス会議を開催。

 平成24年度からは、健康関連分野に関する情報共有、新市場の開拓等を目指して、平成21年に設立された(一社)健康ビジネス協議会と連携し、国内外の市場拡大が見込まれる機能性表示食品など付加価値の高い食品の開発支援や、認証制度の創設等に取り組んでいます。
※(一社)健康ビジネス協議会HPはこちらをご覧ください。
※認証制度はこちらをご覧ください。

【健康ビジネス連峰政策のイメージ】

renpouimage

・健康ニーズは裾野が広く、県内の幅広い業態からの参入が可能。
・健康関連産業の裾野には消費者の「健康ニーズ」が伏流水のように流れており、ニーズに対応して各産業分野で最適な商品・サービスが開発提供される。
・消費者ニーズは一つの産業分野に限定されないため、異業種のプレイヤーが連携しあいニーズに応えることで消費者のより満足度の高い商品やサービスが創出できる。

資料のダウンロード

健康ビジネス連峰政策に関する資料(PDF文書)をダウンロードできます。
(クリックしてもファイルが開かない場合は、右クリックをして「対象をファイルに保存」を選択してください。)

お問い合わせ このサイトの使い方 個人情報の取り扱いについて 著作権・リンク等について
Copyright(C) Niigata Prefectural Government. All Rights Reserved.