このページの先頭です新潟県ホーム
メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム サイトマップ お問い合わせ
健康ビジネス連峰政策 「健康・福祉・医療」のニーズに対応する新潟県産業のイノベーション

健康ビジネス連峰政策について

健康ビジネス連峰政策の取組

 新潟県では、今後市場の大きな伸びが見込まれる健康・福祉・医療関連での付加価値の高いビジネスが新潟から多数輩出されるよう、産業振興ビジョンとして平成18年2月より「健康・福祉・医療新産業ビジョン~健康ビジネス連峰政策~」を推進してきました。

 平成18年度からの2年間は、モデルとなる推奨事例を20件以上輩出することを目指して先導的プロジェクトへの支援を展開し、平成20年度に先導的事例『健康ビジネス連峰 三つ星ビジネスモデル』を27件選定しました。

※「三つ星ビジネスモデル」の詳細はこちらをご覧ください。

 健康ビジネス連峰政策は、“種まき・育成”の段階である「第一ステージ」を終了し、現在は、これまで実施してきた支援を継続しながら、以下に掲げる新たな戦略のもとに健康関連ビジネスの市場化・拡大に向けて取り組んでいます。

◇売れる仕掛けづくり支援
既に市場化された健康関連商品(機器・食・サービス等)の一層の販売拡大を目指すプロジェクトを支援します。
◇健康ビジネスのブランド化推進
「健康ビジネスといえば新潟県」というイメージを確立し、健康ビジネスのブランド化を図ります。

 売れる仕掛けづくり支援の一環として、県内事業者が健康ビジネスをより付加価値の高いものに磨き上げる際に模範となる、市場訴求力が高い取組事例として、平成23年に「新潟発!健康ビジネス∞ベストプラクティス」を15件選定しました。

※「新潟発!健康ビジネス∞ベストプラクティス」の詳細はこちらをご覧ください。


推進体制

健康ビジネス連峰政策の推進については、副知事を議長とし、関連部局長等が参加する「健康ビジネス連峰推進会議」を設置し、部局横断的に情報共有するとともに、各種課題の解決のための協議を行っています。
また、産業労働観光部内に、推進窓口となる新たな担当部署を設け、庁内関連部局や地域振興局、市町村、にいがた産業創造機構等との連携を密にして、情報収集・発信に努め、政策の立案・推進を実施。


【参考】時代背景(健康ビジネスに着目する理由)

「健康・福祉・医療」関連ビジネスは、少子高齢化の時代でも、市場の伸びが期待される分野であり、農林水産業から、観光産業、機械工業、金属加工、サービス産業、IT産業など、あらゆる産業分野で取り組みが可能です。
新潟県は、これらの分野において、潜在的な強みを有しており、また、時代のニーズに応じて新たなビジネスにチャレンジし、成功したというDNAも存在してます。

【健康ビジネス連峰政策のイメージ図】
健康ビジネス連邦のイメージ図
〔作成:新潟県〕

  • 健康ニーズは裾野が広く、県内の幅広い業態からの参入が可能。
  • 健康関連産業の裾野には消費者の「健康ニーズ」が伏流水のように流れており、ニーズに対応して各産業分野で最適な商品・サービスが開発提供される。
  • 消費者ニーズはひとつの産業分野に限定されない為、異業種のプレイヤーが連携しあいニーズに応えることで消費者のより満足度の高い商品やサービスが創出できる。


≪成功モデルの例≫
異業種間のプレイヤーが、それぞれの経営資源(設備、技術、ノウハウ等)を組み合わせ有機的に連携することにより、新たなビジネスチャンスが広がります。
成功事例

資料のダウンロード

健康ビジネス連峰政策に関する資料(PDF文書)をダウンロードできます。
(クリックしてもファイルが開かない場合は、右クリックをして「対象をファイルに保存」を選択してください。)


お問い合わせ このサイトの使い方 個人情報の取り扱いについて 著作権・リンク等について
Copyright(C) Niigata Prefectural Government. All Rights Reserved.