このページの先頭です新潟県ホーム
メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム サイトマップ お問い合わせ
健康ビジネス連峰政策 「健康・福祉・医療」のニーズに対応する新潟県産業のイノベーション

Dr.ヤマゴンの「歩いて、食べて、“しっかり”」メタボ解消

 医師でありながら、メタボリックシンドロームの「疑い濃厚」と自ら認めるDr.ヤマゴンこと新潟県福祉保健部副部長 山﨑 理(やまざきおさむ)が、「体重、ウエストを2ケタにする!」という目標を掲げ、平成19年9月より自身の取組をブログに綴って参りました。
 今後も引き続きメタボ解消を目指し取り組んでいきます。
「しっかり歩いて、しっかり食べる。」これを楽しく続けることに重点を置き、様々なテーマ、切り口でお送りいたします。ご期待ください!

Dr.ヤマゴン
〔キャラクター制作〕
日本アニメ・マンガ専門学校
コミックイラスト科 川瀬雅奈未さん
Data of "Yamagon"
身長:180.0cm  体重:110.3kg  ウエスト:102.0cm
(H26.7.21現在)
モットー
無理せず、ほどほどに。日常の小さな心がけの積み重ねでメタボリックシンドロームは解消できる。継続することが大事。
心がけること
“快食・快眠・快便”のリズムを作る。そのために、
  1. よく噛んで食べる(一口30回)
  2. ヨーグルトと果物を食べる(毎日1回朝食後)
  3. 汗をかく(ラグビーをする、歩く)
  4. 残業しない(家で夕食を食べたいから)
  5. 無理しない(あまり「禁欲的」になり過ぎない)
継続目標
体重、ウエストを2ケタ(体重99.9kg、ウエスト99cm)にする。

※新潟県のメタボリックシンドロームに関するページはこちら!→健康にいがた21

「ヤマゴンブログ17-02」 ヤマゴン、今年も「糸魚川を歩く」

2017年6月15日木曜日 by 管理者
6月11日のデータ  体重110.2kg  腹囲102.0cm

 毎年、この時期になると、糸魚川に歩きに行くのですが、なぜ糸魚川なの?といろいろな人から尋ねられます。考え始めると、理由はいろいろあるのですが、やはり自然の中で、それも海と山とに挟まれながら歩くと、うまく言葉に表せない、心地よい感覚に包まれるから、といったところでしょうか。今回は、糸魚川から電車で有間川という駅まで移動して、そこから糸魚川に向かって歩こうという計画です。

2017_02_01 2017_02_02 2017_02_03
写真① 写真② 写真③

 さてヤマゴンは糸魚川駅の近くの駐車場に車を置き、いざ、電車に乗り込みます。昔と違って、新幹線が通るようになり、駅の改札も様変わりしました(写真①~③)。これから乗る電車は、新幹線でなく、えちごトキめき鉄道、「トキ鉄」です。

2017_02_04 2017_02_05 2017_02_06
写真④ 写真⑤ 写真⑥

 有間川駅に到着し、一緒に歩いていただく方々と合流しました(写真④)。糸魚川市役所から3人、糸魚川地域振興局健康福祉部から3人、合計7人でチャレンジです。今年初めてご一緒する方、一昨年ご一緒した方、さらにその2年前にもご一緒した方、新旧様々な顔ぶれです。
 午前9時30分ころ有間川をスタートし、最初の休憩をとる名立まで、一気に歩きます。写真⑤は小さく、見えにくくて恐縮ですが、ここから「名立区」であることを示した看板が写っています。今は上越市名立区ですが、合併する前は西頸城郡名立町で、糸魚川保健所の管轄だったことを、懐かしく思い出しました。このあたりでは、ケータイのカメラを向けると手を振ってくれるほど、まだまだ皆さん元気です(写真⑥)。

2017_02_07 2017_02_08 2017_02_09
写真⑦ 写真⑧ 写真⑨

 間もなく最初の休憩地点、というところで、少しスローペースになりました(写真⑦)。飲み物やアイスなどで水分を補って、また出発です。
 この日の天候は快晴で、風もほとんどなく、徐々に暑さが気になり始めました。海岸では、ゴミ拾いを行っている方々がいらっしゃいました(写真⑧)。だんだん、海の行楽のシーズンが近づいているのですね。
 皆さん、とても元気で、どんどん先に行ってしまいます(写真⑨)が、ペース配分は大丈夫でしょうか!?

2017_02_10 2017_02_11 2017_02_12
写真⑩ 写真⑪ 写真⑫

 今回は通算4回目ですが、4回目ともなりますと、歩いていて、これまで気づかなかったいろいろなものが目に入ります。
 写真⑩は昔の北陸線の橋げたでしょうか。いにしえの風情が感じられます。
 写真⑪の道路標示は、今回発見しましたが、たしか前回はなかったような・・・。この道、通称「久比岐自転車歩行者道」を略して、「久比岐自歩道」と書いてありますが、正式には「新潟県道542号上越糸魚川自転車道線」で、なんと、県道だったのです!
 写真⑫は、・・・これは本当に、今回初めて気づきました。これも写真が小さく恐縮ですが、石碑には「葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず」という文字が書かれているようです。どういう意味かは、皆さん、お調べください。

2017_02_13 2017_02_14 2017_02_15
写真⑬ 写真⑭ 写真⑮

 能生の町中にある食堂に、ぎりぎり午後1時に滑り込んでお昼をいただきました(写真⑬)。かなり気温が上がってきていたので、冷やし中華を注文する人もいましたが、ヤマゴンは、後半に備えてホルモン定食をガッツリといただきました。とはいえ、糸魚川の自転車道起点まで8キロの表示(写真⑭)です。「あともうちょっと!」のはずですが、皆さん、やはり足腰にかなり疲れが出てきたのか、足取りが徐々に重くなってきました(写真⑮)。いよいよ最後の踏ん張りどころ。あとはなんとか流れに乗って歩くだけです。

2017_02_16 2017_02_17
写真⑯ 写真⑰

 午後3時53分、ゴール地点の「自転車道起点」に到着です。一昨年のように、のぼり旗を振りながらゴールテープを切る、という演出こそありませんが、皆さん、余裕を持ってゴールに着いた印象がありました。しかも今回は7人全員が、最初から最後まで歩き通したわけです。(写真⑯と⑰は、交代で写真を撮っていただいたため、それぞれ6人ずつになっています。)
 今回はかなり暑かったのですが、前に一度歩いたことがある、という人が何人かいらっしゃって、ペース配分や休憩場所などが感覚的にわかっていることも、幸いしたのかもしれません。「また来年も歩きましょう」と挨拶を交わし、糸魚川を後に・・・ではなく、その日の夜は一泊して懇親を深め、翌日、糸魚川を後にしました。
 皆さん、本当にありがとうございました!!

 

「ヤマゴンブログ17-01」 新潟ロードレースと順天堂戦

2017年5月18日木曜日 by 管理者
5月14日のデータ  体重109.7kg  腹囲102.0cm

 

1
写真①

 のっけから、この写真はいったい何?そう、“Pen-Pineapple-Apple-Pen(PPAP)”です。もはや遠い昔のネタになってしまいましたね。1月から、ずいぶんと長い間、更新が滞っており、その間に、年度も変わってしまいました。
 ヤマゴンブログはもう終わったのか!?という声もちらほらと聞かれる中で、しぶとく今年度も続けて行くことになりました。今年度は(毎年このようなことを書いてますが)、小刻みに、更新を心掛けたいと思います。どうか引き続きよろしくお願いいたします。

2
写真②

 私にとって、毎年、4月のイベントは2つあり、一つが新潟ロードレース大会、もう一つがラグビーの順天堂戦です。ロードレース大会当日、スタート地点の新潟市陸上競技場の桜は満開でした(写真②)。
 レースは午前8時45分スタートです。今年はコースが少し変わって、信濃川の左岸をメインに走るコースになっています。過去2年、ペース配分に失敗して、後半に失速したヤマゴンは、今年こそはペースをきちんと守ろうと、スロースタートで入ることを心に決めました。

3 4 5
写真③ 写真④ 写真⑤

 天候は快晴、コンディションも上々です。競技場の熱気もピークに達し、さあ、出発!!(写真③~⑤)…と、ここまで書いておいて、さぞかし調子よく走ったことだろうと期待させておきながら、結果は非常に残念なことに、8キロ地点で関門に引っかかり、初めて「記録なし」で終わってしまいました。おかしいな?確か関門の閉じる時刻は…、終わってから落ち着いてみると、腕時計の見方を間違えていました。
 この日は結局、体力を余してしまい、これではいかんと、次の目標、順天堂戦に心を切り替えました。
 順天堂大学医学部と新潟大学医学部とは、今回で60回目の、節目の定期戦となります。昨年は東京、今年は新潟、というふうに交互に行き来しながら、60年も続いてきたという伝統ある定期戦で、私だけが、どちらの大学の卒業でもないのに、なぜか毎年、出場させていただいてます。

6 7
写真⑥ 写真⑦

 会場は、これまた因縁の?新潟市陸上競技場です(写真⑥⑦)。ロードレース大会の時の天候とは違い、薄曇りで、ラグビーを行うには絶好のコンディションです。

8
9
10
写真⑧ 写真⑨ 写真⑩

 何と言っても天然芝のグラウンドですので、試合以外で芝を傷めないよう、細心の注意が必要です。スパイク(写真⑧)を履いてトラックを横切ることは許されません。靴下のままで(写真⑨)トラック脇のスペースでスパイクを履いて、写真⑩にある緑のカーペットの上だけはスパイクが許されますので、そこからグラウンドに入ります。

11
12
写真⑪ 写真⑫

 試合の方は、若手OB中心の順天堂に縦横に走られ、スコアとしては7対62と惨敗でしたが、プレーそのものは、とても楽しく、激しく、しかも怪我のない、ある意味理想的なラグビーの醍醐味が味わえました。そして何と言いましても、終わった後の懇親会(アフターファンクション)はまた格別でした(写真⑪⑫)。
 来年は、順天堂大学のホーム、東京方面での開催です。さらに今年度は、2年に1回の「全国ドクターズ・ラグビー」が新潟で開催される予定でもあります。順天堂には今年の雪辱を果たすべく来年に向けて、また、既に今年のドクターズ・ラグビーに向けた準備としても、怪我をしにくい身体づくりに引き続き精を出さなければ、と気持ちを新たにしました。
 暑くなる前に、糸魚川へ歩きに行きたいものだなと、つれづれ考えているところです。

「ヤマゴンブログ16-06」 糸魚川大火から1か月

2017年1月25日水曜日 by 管理者
1月22日のデータ  体重108.5kg  腹囲102.0cm

 今年最初のブログの更新です。昨年暮れに、かつて過ごしたことのある糸魚川で大規模な火災がありました。早いものでそれから1か月が経ちました。ここ何年か、県外で新年を迎えていたのですが、今年はほとんど自宅で年末年始を過ごしたこともあり、年明けの1月2日、糸魚川へ行ってまいりました。

1 2
写真① 写真②

 写真①は国道148号線の陸橋から眺める糸魚川の街の風景です。後方に美しい山々の姿が見えます。駅前には、糸魚川のシンボルとも言うべき「奴奈川姫」(ぬながわひめ)が、新幹線糸魚川駅の駅舎を背にして立っています(写真②)。ここまでは、とりたてて普段と変わりません。しかし、駅近くの火災現場周辺はやはり大変な状況で、言葉にするのは難しいと感じました。それは昔住んだことのある人間としての感傷のようなものかもしれません。実際に被災した方々の気持ちには、簡単に踏み込むわけにいかないものです。焼け跡の写真とかそういったものは、多くのニュースや新聞記事で取り上げられていますので、今回はあえて載せません。

3 4 5
写真③ 写真④ 写真⑤

 火災の影響が大きかった雁木通りは、別名「ありがたや通り」という名称が地図に載っているのですが、地元ではあまりそう呼ぶ人は見かけません。この名称は糸魚川の「八福神」(七福神プラス奴奈川姫)に関係があるのではないかと思います。写真③はその一人、大黒さまです。後ろの壁のところまで火が回ってきたようで、向かって右の柱は焦げ付いていますが、大黒さまは「無事だったよ」と笑っているようです。奴奈川姫(写真④)、恵比寿さま(写真⑤)も、みんな元気そうでした!!

6 7 8
写真⑥ 写真⑦ 写真⑧

 さて、上の3枚は、いずれも昔の写真です。写真⑥のあたりの建物はすっかり焼けてしまっていました。写真⑦と⑧は、これも今回焼けてしまった酒蔵の写真で、ブログ2010-16で糸魚川を訪れた際、撮影したものです。その時のブログでは食べ物の話題が中心で、酒蔵見学のことは触れませんでしたが、当日、蔵の中までご案内いただき、丁寧に説明をいただきました。復興に向け、頑張ってください。

9 10 11
写真⑨ 写真⑩ 写真⑪

 再び本年1月2日に戻ります。街中を歩いていると、焼けてしまったものと思っていたお菓子屋さんがお店を開いていました(写真⑨)。こちらのお店は、3年前に現在の場所に移転し、このたびの被災を免れたとのことです。ここのお菓子のファンであるヤマゴンも、ほっと一安心でした。ついつい買い過ぎて、食べ過ぎないように気を付けなければいけません…。
 1か月が経ち、落ち着いたようにも見えますが、むしろ大変なのはこれからかもしれません。どのような災害の場合でもそうですが、私たちにできることは、どういうことがあるのか、ということを、日々考えていきたいと思います。奴奈川姫の力も借りて(写真⑩)、エールを送ります。「がんばろう糸魚川!!負けるな糸魚川!!」(写真⑪)

「ヤマゴンブログ16-05」 富山マラソン

2016年12月9日金曜日 by 管理者
12月4日のデータ  体重110.2kg  腹囲102.0cm

 「富山マラソンに行ってきました」と話すと、「え!」と驚かれてしまいます。まさか体重110キロのヤマゴンが…?という疑問が湧くのも当然でしょう。実は、私がマラソンに出場したのではなく、妻とそのお友達が走るということで、応援に行ったのです。
 なぜ富山マラソンなのか?最大の理由は「制限時間が7時間」だから。国内でも最近、初心者向けに、制限時間の長い大会が増えてきました。次に「場所的に近い」(そうは言っても250キロ離れているんだよ…)こと、加えて「走った人たちからの評判がすごく良い」ということで、今回申し込むに至ったということです。

1 2 3
写真① 写真② 写真③

 コース全体の詳しい地図は、富山マラソン公式ホームページをご覧ください。
 http://www.toyamamarathon.com/course/course.html
 
 写真①は、ゴールとなる富山市総合体育館前の風景です。スタートは高岡市で、ゴールが富山市です。朝、妻を高岡まで車で送り、富山に戻ってゴールで待つことにしたのですが、スタートが午前9時、ゴールは午後4時…、あまりに時間があり過ぎます。ちょうど天気も良かったので、ゴール地点からコースを逆に辿って歩いてみることにしました。
 総合体育館は、富山駅の北口から徒歩数分の距離にあり、隣に富山県富岩運河環水公園という広い公園があります。公園の中で運河を渡る橋(てんもんきょう、と書いてありました)を望む風景はまさに絶景です(写真②)。写真③は、有名なチェーンの珈琲店で、「世界で一番」景色が美しい店という口コミもあるそうです。

4 5 6
写真④ 写真⑤ 写真⑥

 公園の中で、乳がん予防「ピンクリボン月間」をPRする立て看板(写真④)を見かけました。さりげなく、人通りの多いところに看板を立てるというのは、誰でも思いつきそうなものですが、意外と見かけません。それとは関係ないのでしょうが、公園の傍には富山赤十字病院がそびえています(写真⑤⑥)。ゴール直前に病院が見えるというのは、安心するようでもあるし、複雑な気分かもしれませんが…。

7 8 9
写真⑦ 写真⑧ 写真⑨

 富山赤十字病院の脇を過ぎ、線路をくぐって、富山駅の南口側に出ました。写真⑦~⑨は、市内の風景です。新潟市と似ているところは、あまり背の高い建物がないということで、東京などの大都会のように圧迫される感じはありません。違うのは、写真⑧をよくご覧ください。路面電車の線路が走っています。そして写真⑨は県庁前公園の噴水ですが、このほかにも市内のあちこちに公園があり、とても緑や水が多い印象でした。

10 11 12
写真⑩ 写真⑪ 写真⑫

 写真⑩の交差点で、マラソンコースも路面電車も折れ曲がります。写真はないのですが、背中側に、城址公園という大きな公園があります。写真⑪は富山大橋に向かう道、同⑫は橋の上を走るランナーの様子です。新潟の萬代橋も電車が橋の上を通るという構想があったと聞きます。もし実現していればこんな感じになったのでしょうか。

13 14 15
写真⑬ 写真⑭ 写真⑮

 橋の下を流れる川は神通川(写真⑬)、この上流でイタイイタイ病が発生したということは、忘れてはなりません。しばし、仕事モードになった瞬間でした。写真⑭⑮は富山大学の前あたりで、「大学前」という名前の駅で路面電車は終わりになります。写真⑮は37キロ地点、ゴールから5キロほどさかのぼったところです。

16 17
写真⑯ 写真⑰

 ランナーの数もパラパラしてきましたので、ここから折り返して、今度はゴールに向かって歩きました。さきほどは混雑を避けるため、ランナーが走っている側と反対側の歩道を歩いたのですが、帰りは同じ側を歩けました。というのも、既に「撤収」が始まっていたからです。そういえば、37キロ地点で時間制限の関門に引っかかり、バスに「収容」された人が何人かいました。
 富山大橋からの写真⑯⑰は、ランナーと同じ目線での写真ということになります。そうか、こんな感じなのか。写真⑰にかすかに見えているのは、ランナーでなく一般の人です。ふと時計を見ると午後3時20分。急がないと4時までにゴールにたどり着けない!…結果、午後4時を少し過ぎて、ゴール地点に到着しました。
 ところで、今回の主役である妻は、なんと!6時間ほどで完走し、3時過ぎにはゴールしたということです。ゴール地点で「1時間以上も待った!」と怒られました。ただ、「走っていて、とても気持ちがよかった」というのが、最初に聞いた感想です。私も最後のたった5キロですが、沿道を歩いてみてその感じがよく伝わってきました。
 富山という街は、コンパクトシティという構想を掲げ、路面電車が走ったりしていて、自家用車を乗り入れるには決して便利なところではありません。だからこそ、歩いたり、走ったり、応援したりするのに適した環境が創り出されてきたのではないかと思いました。
 この富山マラソンに向け、妻のトレーニングに付き合って、私も結構「歩き」ました。走らなくてよいの?と思われるかもしれませんが、実際、それほど走り込むトレーニングというのはやっていませんでした。もっとも、週7日のうち6日は何らかのメニューが入っている状況で、私は土日を含め週3回までが精いっぱいでしたが、妻は平日も含めて、おおよそ予定どおりにやっていました。
 計算上は「毎分100メートル」よりも少しだけ速く歩くことで、7時間ほどでフルマラソンの距離を歩き切ることができます。そう思ったとき、ひょっとすると私も来年、出られるのではないかと思ったわけです。しかしまだまだ、道のりは遠い。まずは30キロを5時間以内で歩くこと。これを当面の目標にしたいと思います。
 先日、新潟シティマラソンも来年から制限時間を7時間にする、というニュースがありました。これはこれで喜ばしいことですが、さて、車社会の新潟市で、富山のように、歩いたり、走ったり、応援したりするのに快適な環境を創り出せるでしょうか。ぜひ期待したいところです。

「ヤマゴンブログ16-04」 新潟30キロウォーキング

2016年11月16日水曜日 by 管理者
11月13日のデータ  体重109.3kg  腹囲102.0cm

 前号の最後に触れましたが、「30キロ」を歩いたのは10月の初めでしたので、まだ陽射しがけっこう強かった頃ですね。それがあっという間に、冬めいた気候になるわけですから、時間の過ぎるのは早いものです。そう感じるのは年をとったせいだと言う人もいますが、気にしない、気にしない。さあ、出発しましょう!

z1
図1

 コースの概略は、上の図1をご覧ください。何のことはない、「新潟島1週」と「新潟ロードレース大会」の15キロのコースをくっつけたものです。少し違うのが、実際のロードレース大会では、スタート後とゴール前に陸上競技場のトラックを周回しますが、今回のコースはその分だけ距離が短い点です。のちほど説明しますが、折り返す場所を調節して、距離を追加して30キロに近づけました。

s1 s2 s3
写真① 写真② 写真③

 県庁裏の駐車場付近(写真①)からスタートし、信濃川の右岸を歩きます。こちら側はまだ整備が進んでいない部分もありますが、今回歩いてみて、以前と比べてかなり歩道がよくなった(写真②、③)印象を受けました。「やすらぎ堤」とは、左岸側だけでなく右岸側も含めての呼称です。左岸は本川大橋からみなとぴあまで、右岸はユニゾンプラザあたりから朱鷺メッセまで、信号で止められることはありませんので、お勧めです。

s4 s5 s6
写真④ 写真⑤ 写真⑥

 萬代橋(写真④)近くは、お昼近くとか午後になると、万代周辺の人の賑わいがこちらへ流れてくるのですが、この日はまだ午前9時台でしたので、比較的静かな佇まいです。さらに下流の柳都大橋の下を過ぎると朱鷺メッセ(写真⑤)が見えてきます。朱鷺メッセ国際会議場脇、写真⑥の立看板のところ(これはロードレース大会と同じ)で折り返します。

s7 s8 s9
写真⑦ 写真⑧ 写真⑨

 柳都大橋の階段(写真⑦)を上って、信濃川左岸側に渡り(写真⑧)、新潟市歴史博物館「みなとぴあ」(写真⑨)に至ります。ロードレース大会は博物館の周囲をぐるりと回って折り返す形になりますが、今回は、博物館からさらに600メートルほど先まで歩き、コンビニ(写真は割愛)で水分とおにぎりを補給して、長丁場に備えると同時に、さきに触れたとおり、ここで距離を調節したというわけです。
 今回のコースは、違う景色を楽しもうと、重複をなるべく少なく設定しました。しかし、どうしても信濃川左岸の「やすらぎ堤」の部分だけは、2回、同じコースを同じ向きに歩くことになってしまいましたが、それでも結構楽しめました。ただ、あとで考えてみたら、本川大橋のところ(写真⑩)で折り返して、新潟島を逆向きに歩いてもよかったのかもしれません。

s10 s11 s12
写真⑩ 写真⑪ 写真⑫

 写真⑪及び⑫は関屋分水の河口近くの写真です。写真⑫では、遠くにぼんやりと佐渡島の影が見えています。これ以降は、以前も何度か紹介した新潟島1周の風景が続きますので、写真は割愛します。

z2
図2

 ということで、図2にありますように、平均速度は「毎分約92.1メートル」、30キロの距離を5時間25分かけて歩きました。日頃から目標にしている「毎分100メートル」には届きませんでしたが、次回、トライしてみようと思います。
 そもそも、なぜ「30キロ」を歩こうと思い立ったか。実は、年齢が50歳を超えてから、回復力が落ちていることに気が付きました。「継続していれば何とかなるだろう」と、あえて自分で思い込むようにしていましたが、そうしているうちに53歳になり、「もう年々衰えていくだけのでは」という漠然とした恐怖感が芽生えてきました。
 これまで、ほぼ1年に1回、糸魚川まで出かけ、30キロという長い距離を歩いたところ、直後は疲れますが、しばらくしてから、とても体調がよくなるということが経験的にわかっていたので、そこで今回も糸魚川の自転車道の距離をイメージして、長い距離を設定したというわけです。
 遠くへ行くとなれば、日帰りはきついので、宿泊を考えなければなりませんが、その日にちょうど天気がよくなってくれるかどうか、全くわかりません。天気が悪いと、歩くのはかなり大変ですので、やはり新潟市周辺で30キロを歩く、条件が悪くなったらいつでもリタイアできるような条件のコースを見つけ出せたことは、よかったと思います。
 とにかく歩くことですね。ランニングも時々入れていますが、まずはしっかり歩いて身体の基礎を作る、そして習慣を作ることだと思います。これまで週末だけしかまとまった距離を歩かなかったのですが、平日の夜にも少しずつですが歩くようになりました。そこが、今年度になって最も変わった点です。その理由は、実はその先に、ある目論見があるからで、その目論見とは…、富山マラソン!です。
 次号はそのことを話題にしたいと思います。おいおい、大丈夫か!?


お問い合わせ このサイトの使い方 個人情報の取り扱いについて 著作権・リンク等について
Copyright(C) Niigata Prefectural Government. All Rights Reserved.