このページの先頭です新潟県ホーム
メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム サイトマップ お問い合わせ
健康ビジネス連峰政策 「健康・福祉・医療」のニーズに対応する新潟県産業のイノベーション
健康ビジネス連峰トップ > Dr.ヤマゴンの「歩いて、食べて、“しっかり”」メタボ解消 >お知らせ > 「ヤマゴンブログ17-01」 新潟ロードレースと順天堂戦

「ヤマゴンブログ17-01」 新潟ロードレースと順天堂戦

2017年5月18日木曜日 by 管理者
5月14日のデータ  体重109.7kg  腹囲102.0cm

 

1
写真①

 のっけから、この写真はいったい何?そう、“Pen-Pineapple-Apple-Pen(PPAP)”です。もはや遠い昔のネタになってしまいましたね。1月から、ずいぶんと長い間、更新が滞っており、その間に、年度も変わってしまいました。
 ヤマゴンブログはもう終わったのか!?という声もちらほらと聞かれる中で、しぶとく今年度も続けて行くことになりました。今年度は(毎年このようなことを書いてますが)、小刻みに、更新を心掛けたいと思います。どうか引き続きよろしくお願いいたします。

2
写真②

 私にとって、毎年、4月のイベントは2つあり、一つが新潟ロードレース大会、もう一つがラグビーの順天堂戦です。ロードレース大会当日、スタート地点の新潟市陸上競技場の桜は満開でした(写真②)。
 レースは午前8時45分スタートです。今年はコースが少し変わって、信濃川の左岸をメインに走るコースになっています。過去2年、ペース配分に失敗して、後半に失速したヤマゴンは、今年こそはペースをきちんと守ろうと、スロースタートで入ることを心に決めました。

3 4 5
写真③ 写真④ 写真⑤

 天候は快晴、コンディションも上々です。競技場の熱気もピークに達し、さあ、出発!!(写真③~⑤)…と、ここまで書いておいて、さぞかし調子よく走ったことだろうと期待させておきながら、結果は非常に残念なことに、8キロ地点で関門に引っかかり、初めて「記録なし」で終わってしまいました。おかしいな?確か関門の閉じる時刻は…、終わってから落ち着いてみると、腕時計の見方を間違えていました。
 この日は結局、体力を余してしまい、これではいかんと、次の目標、順天堂戦に心を切り替えました。
 順天堂大学医学部と新潟大学医学部とは、今回で60回目の、節目の定期戦となります。昨年は東京、今年は新潟、というふうに交互に行き来しながら、60年も続いてきたという伝統ある定期戦で、私だけが、どちらの大学の卒業でもないのに、なぜか毎年、出場させていただいてます。

6 7
写真⑥ 写真⑦

 会場は、これまた因縁の?新潟市陸上競技場です(写真⑥⑦)。ロードレース大会の時の天候とは違い、薄曇りで、ラグビーを行うには絶好のコンディションです。

8
9
10
写真⑧ 写真⑨ 写真⑩

 何と言っても天然芝のグラウンドですので、試合以外で芝を傷めないよう、細心の注意が必要です。スパイク(写真⑧)を履いてトラックを横切ることは許されません。靴下のままで(写真⑨)トラック脇のスペースでスパイクを履いて、写真⑩にある緑のカーペットの上だけはスパイクが許されますので、そこからグラウンドに入ります。

11
12
写真⑪ 写真⑫

 試合の方は、若手OB中心の順天堂に縦横に走られ、スコアとしては7対62と惨敗でしたが、プレーそのものは、とても楽しく、激しく、しかも怪我のない、ある意味理想的なラグビーの醍醐味が味わえました。そして何と言いましても、終わった後の懇親会(アフターファンクション)はまた格別でした(写真⑪⑫)。
 来年は、順天堂大学のホーム、東京方面での開催です。さらに今年度は、2年に1回の「全国ドクターズ・ラグビー」が新潟で開催される予定でもあります。順天堂には今年の雪辱を果たすべく来年に向けて、また、既に今年のドクターズ・ラグビーに向けた準備としても、怪我をしにくい身体づくりに引き続き精を出さなければ、と気持ちを新たにしました。
 暑くなる前に、糸魚川へ歩きに行きたいものだなと、つれづれ考えているところです。

お問い合わせ このサイトの使い方 個人情報の取り扱いについて 著作権・リンク等について
Copyright(C) Niigata Prefectural Government. All Rights Reserved.