このページの先頭です新潟県ホーム
メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム サイトマップ お問い合わせ
健康ビジネス連峰政策 「健康・福祉・医療」のニーズに対応する新潟県産業のイノベーション
健康ビジネス連峰トップ > Dr.ヤマゴンの「歩いて、食べて、“しっかり”」メタボ解消 >お知らせ > 「ヤマゴンブログ17-02」 ヤマゴン、今年も「糸魚川を歩く」

「ヤマゴンブログ17-02」 ヤマゴン、今年も「糸魚川を歩く」

2017年6月15日木曜日 by 管理者
6月11日のデータ  体重110.2kg  腹囲102.0cm

 毎年、この時期になると、糸魚川に歩きに行くのですが、なぜ糸魚川なの?といろいろな人から尋ねられます。考え始めると、理由はいろいろあるのですが、やはり自然の中で、それも海と山とに挟まれながら歩くと、うまく言葉に表せない、心地よい感覚に包まれるから、といったところでしょうか。今回は、糸魚川から電車で有間川という駅まで移動して、そこから糸魚川に向かって歩こうという計画です。

2017_02_01 2017_02_02 2017_02_03
写真① 写真② 写真③

 さてヤマゴンは糸魚川駅の近くの駐車場に車を置き、いざ、電車に乗り込みます。昔と違って、新幹線が通るようになり、駅の改札も様変わりしました(写真①~③)。これから乗る電車は、新幹線でなく、えちごトキめき鉄道、「トキ鉄」です。

2017_02_04 2017_02_05 2017_02_06
写真④ 写真⑤ 写真⑥

 有間川駅に到着し、一緒に歩いていただく方々と合流しました(写真④)。糸魚川市役所から3人、糸魚川地域振興局健康福祉部から3人、合計7人でチャレンジです。今年初めてご一緒する方、一昨年ご一緒した方、さらにその2年前にもご一緒した方、新旧様々な顔ぶれです。
 午前9時30分ころ有間川をスタートし、最初の休憩をとる名立まで、一気に歩きます。写真⑤は小さく、見えにくくて恐縮ですが、ここから「名立区」であることを示した看板が写っています。今は上越市名立区ですが、合併する前は西頸城郡名立町で、糸魚川保健所の管轄だったことを、懐かしく思い出しました。このあたりでは、ケータイのカメラを向けると手を振ってくれるほど、まだまだ皆さん元気です(写真⑥)。

2017_02_07 2017_02_08 2017_02_09
写真⑦ 写真⑧ 写真⑨

 間もなく最初の休憩地点、というところで、少しスローペースになりました(写真⑦)。飲み物やアイスなどで水分を補って、また出発です。
 この日の天候は快晴で、風もほとんどなく、徐々に暑さが気になり始めました。海岸では、ゴミ拾いを行っている方々がいらっしゃいました(写真⑧)。だんだん、海の行楽のシーズンが近づいているのですね。
 皆さん、とても元気で、どんどん先に行ってしまいます(写真⑨)が、ペース配分は大丈夫でしょうか!?

2017_02_10 2017_02_11 2017_02_12
写真⑩ 写真⑪ 写真⑫

 今回は通算4回目ですが、4回目ともなりますと、歩いていて、これまで気づかなかったいろいろなものが目に入ります。
 写真⑩は昔の北陸線の橋げたでしょうか。いにしえの風情が感じられます。
 写真⑪の道路標示は、今回発見しましたが、たしか前回はなかったような・・・。この道、通称「久比岐自転車歩行者道」を略して、「久比岐自歩道」と書いてありますが、正式には「新潟県道542号上越糸魚川自転車道線」で、なんと、県道だったのです!
 写真⑫は、・・・これは本当に、今回初めて気づきました。これも写真が小さく恐縮ですが、石碑には「葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず」という文字が書かれているようです。どういう意味かは、皆さん、お調べください。

2017_02_13 2017_02_14 2017_02_15
写真⑬ 写真⑭ 写真⑮

 能生の町中にある食堂に、ぎりぎり午後1時に滑り込んでお昼をいただきました(写真⑬)。かなり気温が上がってきていたので、冷やし中華を注文する人もいましたが、ヤマゴンは、後半に備えてホルモン定食をガッツリといただきました。とはいえ、糸魚川の自転車道起点まで8キロの表示(写真⑭)です。「あともうちょっと!」のはずですが、皆さん、やはり足腰にかなり疲れが出てきたのか、足取りが徐々に重くなってきました(写真⑮)。いよいよ最後の踏ん張りどころ。あとはなんとか流れに乗って歩くだけです。

2017_02_16 2017_02_17
写真⑯ 写真⑰

 午後3時53分、ゴール地点の「自転車道起点」に到着です。一昨年のように、のぼり旗を振りながらゴールテープを切る、という演出こそありませんが、皆さん、余裕を持ってゴールに着いた印象がありました。しかも今回は7人全員が、最初から最後まで歩き通したわけです。(写真⑯と⑰は、交代で写真を撮っていただいたため、それぞれ6人ずつになっています。)
 今回はかなり暑かったのですが、前に一度歩いたことがある、という人が何人かいらっしゃって、ペース配分や休憩場所などが感覚的にわかっていることも、幸いしたのかもしれません。「また来年も歩きましょう」と挨拶を交わし、糸魚川を後に・・・ではなく、その日の夜は一泊して懇親を深め、翌日、糸魚川を後にしました。
 皆さん、本当にありがとうございました!!

 

お問い合わせ このサイトの使い方 個人情報の取り扱いについて 著作権・リンク等について
Copyright(C) Niigata Prefectural Government. All Rights Reserved.